せどりをしている人、これ管理出来てますか? 出来ていないと破産の原因になるキャッシュフローについて

どうもユキヒロです(^^)/

 

突然ですが皆さん、

キャッシュフローって意識してますか?

せどりで大切なのは、

仕入れよりもむしろ

キャッシュフローなんですよ!

得にクレジットカードで

仕入れをしている人は要注意

俗に言う黒字倒産の原因になりかねません!

なので今回は、キャッシュフローを良くする為に、

やるべき事をまとめました。

 

仕入れ判断

 

まず最初にキャッシュフローに関わるのは、

この仕入れ判断です。

やるべきことは単純です、

売れる商品だけ仕入れる。

まずはここです!

え、そんなこと?ってなるかもしれないですが。

初心者の多くが出来ていないところです。

最初の内は、

「これ10個売れるかな?」って商品も、

半分くらいの仕入れ個数に抑えたり、

1.2個くらい売れそうな商品は、

思い切って「仕入れない」と判断した方がいいです。

 

慣れてきたら半月周期で在庫を回すのがいいでしょう!

クレジットカードの引き落としと、

Amazonの入金日の関係上、

仕入れのタイミング次第で半月が最短になります。

なので半月周期で在庫を回せば、

最悪クレジットカードの請求までには、

売上を支払い分の在庫を売り切ることが出来ます。

なので仕入れ金額がどれだけ大きくても、

半月で売り切れる商品であれば、

仕入れ額・利益率に関わらず仕入れ対象になります

 

価格改定

 

仕入れ判断をクリアしても、

せどりにはどうしても値下がりが起きます。

値下がりが起きた際に、初心者の方は

「赤字で売りたくないから」と寝かせを選択する人が多いです。

これが大きな落とし穴で、一番優先してやらないといけないのは、

カードの請求までに、その額よりも多い入金を出すことです!

トータルでプラス収益で在庫をすべて売り切れば、

そのプラス収益分お金が残ります。

これがせどりでプライベートに使っても問題ないお金になります。

一方寝かせて売上が足りなかった場合、

一時的にせどり以外のお金を使う、

もしそれがない場合は「リボ払い」や、

金額が大きくなれば「黒字倒産」となります。

なので価格改定は必須なんです。

目安としては、

・値段合わせは毎日一回確認

・売れてない在庫の値下げは週1回

これらは必ず行うようにしてください!

 

不良在庫の処理

 

返品売れない在庫など、

これらも売り切らければ、キャッシュフローが悪くなる原因になります。

 

返品の場合は、Amazonに再出品。

新品が開封されて返ってきた場合は

中古出品で出しましょう。

 

売れない在庫の場合、

Yahoo!オークションなどで現金化、

もしくはリサイクルショップ

すぐに現金化しましょう。

仮に赤字でも、すぐに現金化することが大事になってきます。

使用期限・賞味期限がある商品の場合、

期限切れになるとこれらの方法が使えない、

破棄するしかない在庫になる為、

期限付きの商品は仕入れ判断を厳しく見ましょう。

 

まとめ

 

これらの行動は、

仕入れよりも優先順位が高いです。

せどりにおいてキャッシュフローが悪くなるのは、

一番避けていかなければならないものです。

これはどの規模になったとしても重要なことです。

初心者の段階でキャッシュフローを意識すれば、

大きな失敗が無く、

せどりをやっていけると思います。

 

今回の記事は以上です(^^)/

経営面について質問がある方は、

自分のLINE@にご連絡ください!

関連記事一覧