店舗仕入れをしているなら、納品スタッフは収益アップに繋がる!

どうもユキヒロです(^^)/

いや~最近物が売れすぎて

自分でも納品・発送の手伝いをしてる感じです😢

 

ただ「売れてるならいい状態」って訳でもなく、

現状としては、

「すごくもったいない状態」なんですよね。

 

なぜ自分が納品・発送までしないといけないほど、

商品が売れているのにもったいない状態なのか?

今回は、その理由について話していきます(^^)

 

なぜ、売れすぎている状態が悪いのか?

 

まず初めに行っておくと、

「売れてるものが赤字だから」

「利益が見合ってないから」

みたいな初歩的な問題ではないです(^^;

 

人件費に対しては?

今の状態をまとめると

~商品~
利益1個  750円(送料などを入れて)
仕入れ値 3280円
販売個数 約1200個
総利益    約90万円
(そのほかの商品もありますが今回をこの商品だけを例にあげます)

~スタッフ~
4人(自分を抜いて)
時給 1000円(スタッフ全体の平均)
稼働時間 12時間
1日の人件費 48000円

これが割に合ってるのかの計算をすると、

(商品利益-人件費=純利益)
900,000-48,000
純利852,000円

おお、計算してみると昨日だけでこんな利益が・・

人件費とかに見合ってないわけでもないですね!

 

問題は売上損失?

 

今回の問題は『売上損失』です。
(機会損失とも言います)

~売上損失とは~

ビジネスにおいては、営業面で「買い需要」があって、売る側に売る意志があるにも関わらず、売る側の原因(問題)により、本来もっと売れたはずのものが売れない場合などに生じます。この場合、具体的な問題としては、在庫切れや仕入れ不足、需要の読み間違えによる生産計画の失敗などが挙げられます。

参照 https://www.ifinance.ne.jp/glossary/business/bus063.html

 

 

まあ簡単に言うと「もっと稼げたでしょ?」ってことです。

昨日の自分の現状を整理すると

丸一日納品発送に手を回していました。

仮に納品スタッフがもう一人いて、

自分が収益化の動きを出来ていれば。

納品スタッフの1日の人件費は12,000円

仮に自分が「仕入れに行く」という行動が取れれば。

以前の記事を参考に
↑↑↑
コストコ仕入れの記事

約時給6万円の仕事が出来ます。

ということは、たった1時間の時間を空けるだけでも、

スタッフの1日の給料を上振れて、

約4万円の収益アップが望めます!

12時間なら

約70万円の収益アップ!

まあこれは理論値ですけどね(^^;

でも4万なら確実に上げれたということです。

 

まとめ

ビジネスにおいて、損失というのは、

赤字だけではないです!

売上損失まで意識すれば、

店舗仕入れで、自分の手を空けるというのは、

収益upにつながるというのが分かるかと思います!

 

今回の記事は以上です!

皆さんも売上損失を意識して、

積極的に納品スタッフを雇ってみてください(^^)

関連記事一覧