【アマゾンでせどりするなら利用必須!】FBAってどんなサービス?徹底解説します。

どうも、トモユキです。

こちらの記事ではアマゾンせどり初心者の方に向けて

『FBA』

とは何か?FBAのメリット、デメリット、そしてサービス内容についての解説をしようと思います。

せどりを始めたばかりの人はまずアマゾンをやると思います。

それはFBAというサービスがあるから副業でも実践しやすいという理由が大きいです。

そのためしっかりとここでFBAを理解しておきましょう。

 

動画でもっと詳しい解説が見たい方はこちらの動画を見て下さい。

僕のYouTubeでは週5本ペースでせどりに関しての情報を配信しています。

見逃したくない方は”チャンネル登録”しておいて下さい^^

チャンネル登録はコチラから

 

FBAとは

FBA(フルフィルメント by Amazon)とは、簡単に言うとアマゾンでせどりをする上での業務を一部代行出来るサービスです。

また、FBAを使わずに販売をするよりも売り上げや利益を上げやすいという特徴もあります。

副業であまり時間の取れない方はまず利用した方がいいサービスです。

下記で詳しく説明していきます。

FBAのサービス内容とは

FBAには様々なサービスがあります。それぞれに関して費用は掛かってくるのですが、その費用を払ってでも使う価値があると言えます。

  • FBAのサービス内容まとめ
  • 受注~出荷梱包作業を代行
  • Amazon倉庫で販売商品を管理
  • 顧客対応をアマゾンが代行
  • 在庫管理
  • 他販売モールへの出荷可能

サービス内容はこのようなものです。
逆にFBAを利用しない場合は、せどりをする上で上記のような業務が発生する訳です。

もちろんFBAという代行サービスを使わず、自分でやった方が費用は抑えられますが、かなりの手間になって仕入れどころではなくなってしまいますよね。

このようなサービスがあることに加え、FBAを使わないと得られないメリットもあるので以下で解説していきます。

FBAのメリット・デメリットまとめ

以下でFBAを使うことによるメリット、デメリットをまとめていきます。

  • メリットまとめ
  • プライムマークがつくことによりカート取得率向上
  • プライムマークがつくことにより高値でもカートが取得出来る
  • 顧客への露出が増えることにより売上が上がりやすくなる
  • 受注・出荷作業リソースを削減
  • 販売商品の管理スペースが不要
  • 顧客対応もアマゾンが代行しているので副業でも安心

 

  • デメリットまとめ
  • 要期限商品の納品ルールが面倒
  • 危険物商品の納品ルールが面倒
  • 温度管理が必要な商品の販売は期間限定
  • FBA納品禁止商品があるため全ての商品が取り扱える訳ではない

ここでデメリットとしてあげている要期限商品の納品ルール、危険物商品の納品ルールなどは慣れてしまえば簡単です。

通常商品(賞味期限もなく危険物でもない商品)の納品にひと手間加えるだけなので、そこまで大きいデメリットではないです。

また、FBAで販売禁止な商品は普通にせどりをする上ではほとんど巡り合うことのない大型の危険物商品等になるのでココも特に問題ではないはず。

個人的見解

まとめとしては、副業でせどりをするなら活用した方がいいですし、非常に便利なサービスです。

一番のメリットは

①プライムマークがつく
②自己配送を利用している出品者より高値でもカートが取得出来る

この2つが大きいです。②については以下の記事で解説しています。

販売商品の値段設定ノウハウ解説

出品した商品を売れやすくし、利益の出る値段で売りやすい。

せどりの業務を一部委託出来るのもメリットですが、この2つがFBAを利用する上で大事なポイントですね。

 

また、これからアマゾンを始めてみるという方はアマゾンアカウント作成に関してのこちらの記事を参考にしてみて下さい。

Amazonアカウント作成方法を解説

関連記事一覧