FBAで危険物を納品する際のルールや注意点を解説!

どうも、トモユキです。

今日はアマゾンでせどりをする上で巡り合う「危険物」について。

FBAに納品する際の流れや注意点についてまとめていきます。

危険物とは?

危険物というと聞こえが悪いですよね。
爆薬とかそういった類のものではないので安心して下さい。

危険物とは、アマゾンが定めるFBAに納品する上で危険物商品として納品しないといけない商品の種類のことです。

普段せどりをする上でよくある商品で言うと、
・ヘアスプレー
・日焼け止め
・一部の化粧品
・香水
などですね。

「え、何で危険物?」って思うものが実は危険物だったりします。
そこはもうアマゾン様で販売している以上、アマゾンが危険物と言ったら危険物なので深く考える必要はないです。

このような商品達です。でもこれを自分で判断するのは不可能です。

なので、危険物っぽい商品はテクサポのチャット機能orテクサポに電話で確認しましょう。
(チャットでASINを投げればいいのでチャット機能の方がオススメです)

危険物だとわからず納品作業を進めても最悪「危険物が含まれています」という表示とともに納品プランが分かれるのでそこで判断が出来ます。

危険物納品の流れ

  • 危険物販売の流れ
  • ①仕入れた商品が危険物だと分かる
  • ②セラーセントラルのチャット機能を使って、事前申請が必要な危険物ではないか確認する
  • ③(事前申請が必要なら専用のフォームより申請する)
  • ④プライスター等を利用して新規出品作業
  • ⑤納品作業をする

このような流れになります。

いつもの納品にプラスして、
「危険物かどうか?」
「危険物なら事前申請は必要な商品か?」
を確認するフローが追加されるだけですので、そこまで通常の納品と違いはないです。

諸々の注意点は後ほど解説していきます。

FBAで危険物販売をするための申請

FBAで危険物を取り扱う場合には、最初に一度だけ下記フォームから危険物取扱申請をする必要があります。

危険物取扱申請フォーム

申請後、すぐにメールにて返事がくるので、最初に必ず済ませておきましょう。

危険物の種類は大きく分けて2つだけ

危険物は大きく分けて
引火性液体以外(通常の危険物)
引火性液体 (事前申請が必要)
この2つだけと思ってもらえれば大丈夫です。

特に難しくないですよね。
ただこれは商品によってアマゾンに確認しないといけないので、少し手間ですが確認は怠らずにやっていきましょう!

危険物を納品する際のルールと注意点

①郵送箱に危険物シールを貼る

危険物の郵送箱には必ず上記のシールを貼って納品するようにして下さい。

②納品できるサイズは小型サイズと標準サイズのみ

大型の危険物は納品出来ません。

③混合在庫での納品は不可

全ての商品に商品ラベルを貼付してください。

混合在庫(JANコード納品)での納品はできません。
(ラベル貼付の際は、ラベル貼付サービスをご利用いただくことも可能です。)

④通常商品との同梱をしない

該当する商品は他の通常商品や要期限商品とは別で郵送箱を作成し納品して下さい。

⑤引火性液体にあたる商品は、事前に申請が必要

引火性液体以外の商品は事前申請なくお取り扱いいただけます。
また、FBAに納品できる数量に上限があります。
上限数に関しては事前申請後のメールに記載してあります。

引火性液体の事前申請方法

「引火性液体」の納品を希望される場合には、事前に申請が必要です。

引火性液体の例:オイルライター、ペイント類、ネイルグッズ、香水、接着剤、ガソリンアルコール、印刷用インク、香料、灯油、
アロマオイル、アルコールやグリセリン、精油などの引火性液体を原料に使用した、消毒液や化粧品、一部のヘアオイル

下記の引火性液体事前申請フォームから申請して、通常翌日くらいにはメールで返信がくるのでその後納品を行って下さい。

引火性液体事前申請フォームはこちら

※直近30日間の販売個数は、大体の個数で問題ないです。

まとめ

危険物の取扱マニュアルもアマゾンから提供されているので必ず目を通しておいて下さい。

FBA危険物取扱マニュアル

 

どうでしたか?意外と簡単ですよね。

危険物ってだけで拒否反応起こして仕入れない人、そもそも取り扱い方法を知らない人も多いのでライバルが少ないのも特徴です。

あとこれはFBAで売る場合の話なので、自己配送で売る場合はこういった申請など必要ないです。

個人的には自己配送はFBAみたいに要期限のルールがあったり、危険物の納品ルールがあったりとかしないので楽だと思ってます。

 

という訳で、これを機に取り扱える商品の幅を広げてもらえたら嬉しいです!

それでは。

関連記事一覧