『せどり納品』納品代行と納品スタッフ どちらの方が費用が安い?

どうもユキヒロです(^^)/

 

最近せどりをやっている人って、

納品代行を多く使ってるみたいですね!

商品と納品に必要な用紙を送れば、

後は全部やってくれるから、

初心者の方は気軽に利用できますからね(^^)

 

ただ、納品代行を使うのが一番いい!

とは一概には言えないんですよね。

なので今回は、

納品代行納品スタッフ

違いについての記事を書いていきます(^^)

納品代行

納品代行のシステム

大体の納品代行のシステムは、

 

お問い合わせフォーム
(納品個数などを入力)

納品代行に発送

代行業者がFBAに納品

到着後受領

 

大体がこんな感じですね!

自分がやることは、

「これを何個納品します!」

というのを、代行に連絡して商品を送るだけ。

非常に簡単ですね(^^)

 

料金システム

 

実際の納品代行の料金を参考にしてみましょう(^^)

(FBA代行センターを参照)

料金システム

大体まとめていくらではなく、

「1商品でいくらです」

という料金設定が多いです。

 

その他で「セット手数料」

「配送方法」などで、追加料金がかかったりしますね。

これを踏まえて、納品スタッフとの違いを見ていきましょう(^^)

 

納品代行と納品スタッフの違い

では、例題を出してみましょう(^^)

~ケースA~
納品数:10個
納品スタッフ時給:900円
作業速度:1時間/100個
行先FC:小田原

~ケースB~
納品数:100個
納品スタッフ時給:900円
作業速度:1時間/100個
行先FC:小田原

 

この2つのケースで比べてみましょう。

ケースA納品代行でやった場合、

(無料プラン)
10商品×100円(手数料)+550円(発送料)+500(代行までの送料)
=2050円

 

納品スタッフを雇った場合、

900円給料+550円(Amazon倉庫までの送料)
=1450円

 

少し納品スタッフの方が安いですが、

そこまで大きな差は無いですね(^^)

 

では、ケースBの場合は・・

納品代行でやった場合、

(無料プラン)
100商品×100円(手数料)+550円(発送料)+500(代行までの送料)
=11050円

納品スタッフを雇った場合、

900円給料(1時間/100個)+550円(Amazon倉庫までの送料)
=1450円

あくまで数字通りの理論値ですが、

差額で9600円出ています(^^;

 

こんな感じで、商品数が多くなればなるほど、

納品代行と納品スタッフでは大きな差が出てきます。

今回は最低限の手数料だけですが、

これに「セット」「要期限」「シールはがし」

などを入れると、更に大きな差が出てきます。

 

まとめ

 

最初の商品数が少ない時や、

単価が高く、利益額が大きい商品ばかり扱うのであれば、

納品代行でもいいですが、

追々商品数が多くなったりしてきたときの為に、

納品スタッフの確保は行っていくといいですね!

 

以上です!

こういった数字にだしての計算は、

初心者の方はやらずに納品代行に頼ってる方がいますが、

もしかしたら大損をしているかもしれませんよ(^^;

 

こういった相談などは、

自分の無料オンラインサロン(オープンチャット)で行っています。

良かったら参加してくださいね(^^)/

↓↓↓

ユキヒロ無料オンラインサロン

 

 

関連記事一覧