【店舗せどらー必見】店舗仕入れを効率化!!遠征仕入れ時の必須ツール

店舗仕入れで時給上げるために大事な事それは『リサーチ方法』『商品知識』『価格交渉術』に加えて【仕入れルートの選定】が何よりも大事です。

今日はそんな【仕入れルート】を決めるのに役立つツールをご紹介します。

■仕入れルートの重要性

店舗せどりで大きく稼いで行こう。と考える場合殆どのせどらーが仕入れ手法価格交渉術等のノウハウばかりを極めようとしがちです。

確かに、最初はモノレートの見方やリサーチ方法をある程度理解する必要があります。
しかし、仕入れルートが決まっていないと効率の良い店舗回り、稼ぎやすい店舗の選択ができません。

ただ漠然と見つけた店舗に仕入れに行く。そんな運任せの遠征をして自ら時給単価を下げるのはかなりもったいないです。
せっかく交通費を出して遠征をしているので日当が高い仕入れを目指しましょう。

■仕入れルートを決める必須アプリ

仕入れルートを決める必須アプリそれは

【ロケスマ】

です。

AppStoreからダウンロードする事が可能です。

ロケスマは近くの店舗検索はもちろんの事。ディスカウントショップ、リサイクルショップ、量販店等店舗のジャンル毎に分けての店舗検索もできるアプリになってます。
うちが遠征する際は前もってこのアプリで仕入れルートを選定します。

■仕入れルートの選定方法

コンサル生には一番最初に教えるのが仕入れルートの選定方法です。
具体的にどういう方法と考え方で仕入れルートを選定するか解説していきます。
まず初めに、自分が得意とする店舗に優先順位をつけていきましょう。

・量販店
・ドン・キホーテ等のディスカウントショップ
・リサイクルショップ
・イオン等のショッピングモール
・ドラッグストア

等など

ここで重要なのは行く必要がある店舗そうでない店舗の選定です。
仮にあなたが量販店仕入れは得意。だけどリサイクルショップは苦手だとします。
じゃあリサイクルショップは極力行かなくていいし、量販店は極力行った方がいいです。
ただ、ドン・キホーテはどうでしょうか?苦手でも得意でもないけどお店があるからとりあえず仕入れに行くが正解でしょうか?
僕の経験からするとそれもまだまだ、選定できていません。

各々店舗には得意不得意もあれば、仕入れにかかる時間が長い短い。っていうのもありますしその店舗が閉店してしまう時間も決まっています。
ドン・キホーテの場合は24時間営業している店舗が多いので基本的には仕入れルートの最後に入れるべきです。
なので、行きは得意な量販店メインで回り量販店の数的に時間に余裕が出そうであれば、他店舗も織り交ぜていく。
帰りにドン・キホーテを回りながら帰る。

これが一番時給が高い仕入れルートだと思います。
このような考え方をもって一度自分の仕入れを分析する事と仕入れルートの選定をすると良いでしょう。

■ロケスマの使い方

では次にロケスマの使い方を解説していきます。
まず初めに、自分の仕入れができる店舗をお気に入りに入れていきましょう。
画像赤枠の☆マークにチェックを入れていきます。

そうする事により下記画像のお気に入りに自分が選んだ店舗がでてきます。

補足ですが、遠征時にガソリンスタンドが必要になる事があるので、ガソリンスタンドもお気に入りに入れておく事をおススメします。
後は先ほどお気に入りに入れた店舗をタップすると、下記画像のように自分の仕入れルートにその店舗がどれだけあるか?がわかります。

こうして一番時給効率が高くなりそうなルートを選定すると時給単価を高く保てると思います。
また、行きたい店舗のアイコンをタップすると下記のように営業時間等も詳しく書いてあるのでとても便利です。

このアプリを利用して店舗仕入れのルートを決めて時給単価の高い仕入れを目指しましょう。

ちなみにうちの店舗仕入れでは、遠征時の仕入れルートは量販店→ドン・キホーテのみで回るのが一番時給単価が高い仕入れでした。
新品商品は在庫があれば縦積みができる分、時給単価も高く回りやすいです。

ただ、知り合いのせどらーでリサイクルショップのみで回る方が時給単価が高いという人もいましたので、多少、向き不向きがあると思って頂ければと思います。

■うちの店舗仕入れ

うちの店舗仕入れでは時給単価激高のリピート仕入れをしています。
販売している商品もこのように何千個とリピート販売している物もあります。

仕入れのスタイルは量販店とドン・キホーテ、ホームセンターがメインです。
1日の仕入れではこんな感じで日当10万を軽く超える仕入れをしています。

 

上記のような仕入れ手法も確立しています。
ぜひチャレンジしてみて下さい!

関連記事一覧