せどり副業

無在庫せどりは法律的に大丈夫なの?

無在庫せどりと言われるせどりの方法を聞いたことはありますか?無在庫せどりとは文字通り自分のところに在庫を仕入れることなくせどりを行うことです。全てをインターネット上で行う時にはこのような無在庫せどりを行うことができます。ここでは、初心者でも簡単にわかるように無在庫せどりの概要と法律的な問題について紹介していきます。

無在庫転売とは?

無在庫転売とは自分のところに在庫を仕入れることなくせどりを行うことです。無在庫転売の場合は購入者が現れてから在庫を仕入れることになります。そのため、リスクを少なくしてせどりを行うことが可能になっています。しかし、無在庫せどりにはデメリットもあります。

無在庫転売のメリット

無在庫せどりには多くのメリットについて紹介していきます。

在庫を抱える必要がない

無在庫せどりの場合は自分で在庫を抱えておく必要がありません。せどりの場合は在庫を仕入れることで通常は転売を行うことが可能になっています。しかし、在庫を抱える場合は在庫を保管するために必要な倉庫などを確保する必要があります。無在庫せどりの場合はこのように在庫を抱える必要がないのでリスクを少なくすることができます。

資金がなくても始められる

無在庫せどりの場合は資金がなくても始めることができます。無在庫せどりの場合は在庫を仕入れる前に商品の販売を行うことになります。そのため、商品を仕入れるために必要な資金を先に手に入れることが可能です。先に資金を手に入れることができるので自己資金が少なくても始めることができます。

無在庫転売のデメリット

無在庫転売にはメリットだけではなくデメリットもあります。ここでは、無在庫転売のデメリットについて紹介していきます。

在庫確保ができないことがある

無在庫転売の場合は在庫を仕入れる前に商品の販売を行います。そのため、商品を販売してしまったにも関わらず在庫を確保できないこともあります。このように在庫を仕入れることができないと法律的に罰せられたり、お客さんからの信用を失ってしまうこともあります。

初心者には参入しにくい

無在庫せどりの場合は初心者には参入することが難しくなっています。無在庫せどりの場合は自分で販売経路や仕入れルートを決める必要があります。そのため、初心者でコネがないような人は無在庫せどりを行うことが難しくなっているのが現状です。

赤字が出る場合がある

無在庫せどりの場合は先に商品の販売を行うので仕入れ価格が販売価格よりも高くなってしまう時もあります。このような場合は赤字になってしまいますが絶対に仕入れを行う必要があります。

無在庫転売の法的な問題

無在庫せどりには法律的な問題もあります。ここでは、無在庫せどりの法的な問題について紹介していきます。

債務不履行責任

無在庫せどりの場合は先に商品を販売しています。そのため、販売した商品を仕入れることができなくなってしまうと債務不履行責任に問われてお客さんから賠償を求められることもあります。

詐欺罪

無在庫せどりの場合は事前に商品の販売を行っています。そのため、商品を仕入れることができず購入者に対して発送をすることができない場合は詐欺罪に問われることもあります。無在庫転売の場合は特に商品の仕入れを行うことができず、詐欺罪に問われるというケースが多くなっています。

まとめ

無在庫せどりは在庫を抱えることなくせどりを行うことができるのでリスクを少なくしてせどりを行うことができます。しかし、無在庫せどりは商品の仕入れがうまく行かないと詐欺罪に問われてしまうこともあるので無在庫せどりを行う時には気を付けるようにしましょう。

まぁ正直、無在庫なんてリスク取らなくても全然稼いで行けるので初心者は一旦店舗から始めましょう。