月商1000万オーバー!コンサル生YさんNさん実績公開と今後の改善!

どうもユキヒロです!

 

つい先日、1年以上コンサルに在籍している方から相談が来ました。

「ここから先どうしたらいいですかね?」という、すごい抽象的な相談だったんですが、出している実績から悩みの深さが分かりました💧

まずその実績から紹介していきます(^^)/

実績紹介

Amazonメインアカ【5月実績】

Amazonメインアカ【6月実績】

Amazonメインアカ【7月実績】

Amazonメインアカ
【平均実績】

平均売上金額:464万7,405円

平均利益金額:82万5,538円

平均利益率:17.7%

 

Amazonサブアカ【5月実績】

Amazonサブアカ【6月実績】

Amazonサブアカ【7月実績】

Amazonサブアカ
【平均実績】

平均売上金額:144万5,590円

平均利益金額:13万344円

平均利益率:8.7%

 

Yahoo!ショッピング【実績】

Yahoo!ショッピング
【平均実績】

平均売上金額:386万6,098円

 

Q10【5月実績】

Q10【6月実績】

Q10【7月実績】

Q10
【平均実績】

平均売上金額:148万5,673円

 

平均月商1000万円を超える実績となっています!

年商で1億2000万円のめちゃくちゃ凄い実績を出しているのもそうですが、

自分のコンサルに入って1年年商1億を達成している成長スピードもすごいんですよねw

 

これだけの実績を出している2人なんですが、

実績が出たら出たで悩みは出てきます。

 

もちろん自分達もそうでした。

 

今回は、これだけの実績を出している人がどのような悩みを抱え、それをどのように改善するかを記事にしました!

 

直面している悩み

※今回は代表してYさんと話しました

1つ目:ヤフショの売上が伸びない

【Yさん】
ユキヒロさん、最近ヤフショの伸びが悪いんですよね。
売上で400万程はいける感じはつかめたんですけど、その先どうやって伸ばしていけばいいかが分からなくて・・

要は停滞している状態ですね・・

色々話していると何個か問題が見つかりました。

 

プロモーション・価格の設定

ヤフショの売上に関しては、商材が揃っていればあとは「プロモーション」と「価格」の設定が重要になってきます。

Yさんの話を聞くと、この設定がどうなっているかを確認していなかったようです。

ヤフショのプロモーション

  • プロモーション一覧
  • PRオプション
  • アイテムマッチ(ストアマッチ)
  • バナー広告
  • ポイント
  • クーポン

様々なものがあります、これをうまく使うだけでも売上を爆発的に上げたコンサル生もいます。

 

そして「価格」

自分達もここはめちゃくちゃシビアに管理しています。いくらAmazonのように「カート」が無いといっても、最安値のストアが売れるのは変わりません。

商品が売れない原因のほとんどは価格です。

 

この2つの管理が出来ていなかったので、そこをアドバイスしました。

 

2つ目:倉庫の問題

【Yさん】
あと最近倉庫も新しいところを探しているんですが、
あんまりいいところがないんですよね。
これ以上仕入れを増やしても置く場所がなくて・・

倉庫の問題も物販をやっていたら出てきますよね💧

でも、これに関しては根本の解決をしないと鼬ごっこになります。

 

現に自分達は、100坪3階建ての事務所兼倉庫を使っていますが、

既にほかに貸し倉庫を使っています💧

 

100坪3階建ての物件なんて、維持費で結構かかってしまいますから、利益に合わない事が多いです。

 

根本解決として、「フルフィルメントに寄せる」という施策をとることにしました。

既に利用しているとのことだったので、自己配送を極力やめてフルフィルメントメインに切り替えることは素早く出来そうですね。

最近は便利な配送サービスが増えてきているので、費用面でも切り替えがいいかと思いますね。

 

3つ目:スタッフを上手く管理できてない

【Yさん】
いま代表の僕ら2人とスタッフ2人でやっているんですが、仕入れは基本僕ら2人でやってるので、仕入れの調子が悪い時にスタッフに任せる仕事がなくなる事があるんですよね。
もうちょっとうまくスタッフが収益化につながる仕事を任せる事が出来ればいいんですが・・

スタッフを抱えると起きやすい問題ですね。

しかも固定給で雇っているみたいで、

上げている給料以上の利益を出すことが出来ない可能性すらある状態です。

 

こういう状態の時に出来ていないのは

【KPI・KGI設定】です。

 

KGIとは?

KGIとはKey Goal Indicatorの略称で、

簡単にいうと「最終目標」のことです。

物販でいうなら【利益】を多く設定するでしょう。

今月は利益○○万を達成するぞ!

というような目標ですね。

これが無ければ、何をどれくらいしなければいけないかすら分かりません。

 

KPIとは?

KGIを達成する為の指標の事です。

簡単に言うと「中間目標」ですね。

KGIを達成する為に何をどれくらいしなければいけないか?

それをより具体的な行動指標にしなければいけませんし、しっかりデータに基づいた数字でなければいけません。

 

といっても分かりずらいと思うので、KPIツリーという物で見ていきましょう(^^)

「利益」を一番の目標にするとして、

その利益をさらに細分化すると

利益いくらの商品(平均利益金額)
何個売るか(販売個数)

このように大きな目標を細分化していって、

具体的な行動を出していきます。

平均利益がいくらか決まったら、「見込み利益の基準」が出せるので、⦅利益いくら以下の商品は仕入れない⦆という基準が一つできます。

 

販売個数はさらに細分化して、

「何個売れる商品」「何個見つけるか」という基準が出来たら。

⦅ランキング〇位以下は仕入れない⦆

⦅1日何個新規商品を見つける⦆

というように具体的な行動が出てきます。

 

本来であればもっと細分化する必要がありますが、

これを設定すれば、自分が何をどれだけやれば目標に行くのかが分かります。

スタッフに仕事を任せる時はこれを設定しなければ、

生産性のある仕事をやりずらい環境になってしまいます。

 

Yさんはこの設定をしないままスタッフに仕事を任せてしまったので、スタッフがしっかり給料以上の仕事が出来ているのかが把握できていませんでした。

 

なかなか難しいところではあるので、

自分と確認を挟みながら進めていく事にしました(^^)

 

まとめ

とはいえこれだけの実績を出しているのは称賛しかありませんねw

難しそうな内容ではありますが、難易度でいうなら今までやってきたとこよりは全然簡単なことだと思うので、自分としては特に心配する事は無いですね💧

今後の成長にさらに期待したいですね(^^)/

 

今回の記事は以上です。

ここまでの実績を出したせどりの手法は、

LINE@で解説しています!

良ければ登録してください(^^)/

 

LINE登録はブログのこのバナーをタップしてください
↓↓↓

LINE登録

関連記事一覧