コンサルのコンテンツを大幅強化!追加コンテンツを解説!

どうもユキヒロです(^^)/

今月コンサルのコンテンツを大幅強化しました!

自社で使っている”ヤフショ・楽天の利益計算ツール”を追加したり、

”900社以上の問屋情報”を無料公開したりと、様々なコンテンツを増やしたので、今回の記事ではそんなコンテンツについて書いていきますね!

 

ヤフショ・楽天の利益計算ツール

皆さんヤフショや楽天の利益計算ってどうやってやってますか?

売上から手数料を引いて、そこから仕入れ値を引いた後、商品ごとの送料を出してなんてやっていかないと正確な利益って出ないですよね?

うちではこれをツールで全て出来るようにしています。

手順

  1. ストアクリエーター・RMSからCCVをダウンロード
  2. ツールに入れる
  3. 商品ごとの送料を登録(同じものはいらない)

この3つの手順で利益計算が出来るというツールになっています。

毎月の収支計算もそうですが、赤字の商品を売っていないかのチェックなんかも、これを使えば10分の作業で確認することが出来ます。

もちろんAmazonのCSVにも対応しているので、Amazonの利益計算にも使うことが出来ます。

 

商品別配送法のコンテンツ

最近自己配送を使うコンサル生が多くなってきたので、自分達が使っている配送方法をどのような基準で使い分けているのかをまとめたコンテンツになっています。

購入個数によって配送サービスを変えたりしているので、その辺をどのように変えているのかを参考にしてもらっています。

店舗・電脳の日用品廃盤仕入れコンテンツ

今回Amazon月商500万廃版商品で利益150万円を出しているコンサル生に、特別セミナーを行ってもらいました。

店舗だけでなく電脳も使った仕入れの手法となっていて、現役でその手法をやっているプレイヤーの方からの指導なので、実際仕入れた商品なんかも例出しながら非常に実践的な解説になっていましたね。

リサーチだけでなく、店舗や情報サイトなどを資産化しているノウハウなんかは、セミナー中に実践して利益の出る商品を見つけたので、見ていたコンサル生も自分でも出来る感覚が身についたんじゃないですかね!

問屋情報を無料公開

じつは自分のところでは、問屋の開拓をまず情報を購入してそこにアポを取るということもやっています。

現状900社以上の日本にある問屋・卸をやっている会社の

・会社名
・売上
・取引先
・電話番号
・住所

などの情報をもらっています。

この情報をコンサル生には無料で全て公開しています!

実際に取引出来る問屋は数多くあり、電話でのアポイントに関してはアルバイトスタッフでも出来る内容なので、自社でも外注に開拓をお願いしています。

スプレットシートになっているので、並び替えなどで売上順にしたりする事も出来るようになっています。

 

融資相談が出来る講師の追加

コンサル生も売上が上がってきて、融資や税金関係の問題が出てきているので、税金関係に関しての講師をコンサルに追加する事になりました。

元銀行マンの方で、その知識を使って融資に関しての相談や、融資関係のコンテンツ作成税金関係の記帳代行などから始めてもらい、最終的には出張コンサルなんかもやってもらう予定です。

 

 

という感じで毎月4つ必ず新規コンテンツを追加しているんですが、今回の追加ラインナップは大きな変化になりましたね。

まだまだ自社でも物販を便利にするツールの作成する予定なので、その都度コンサルのコンテンツに追加していきます。

 

今回の記事は以上です!

コンサルの詳細についてはLINE@にて配信もしてるので、よければこちらのLINE@を登録してください👍

↓↓↓

LINE登録をする

 

関連記事一覧