最新版!真贋調査突破マニュアル

最新版!真贋調査突破マニュアル

はじめに

そもそもAmazon真贋調査とは何か、

 

一言で言えば出品した商品が本物かどうかを確認する調査のことです。

そのため、メール等でAmazonから書類を要求されたら商品の領収書などを提出しなければなりません。

 

これらの提出書類によって出品した商品が正規品なのか並行輸入品なのか、また販売経路やコピー商品ではないかなどを調査するのです。

 

真贋調査は

気づかずに放置してしまったり、

きちんと対応しなかったらアカウント停止や最悪の場合アカBANのリスクもあります💦

 

ですので今回は

 

・まだ真贋調査がきたことない

・どんな対応をすればいいの?

 

って方向けに


✅なぜ真贋調査がくるのか

✅メールのテンプレ集

✅共通して注意する点、対策


の3つの項目から解説していきます!

 

 

自己紹介

はじめまして!

トモユキと申します。

まずは簡単に自己紹介させて下さい^^

 

僕は3年半前に副業でせどりを開始し、半年後に月利益60万を達成し、独立しました。

今では店舗せどりや問屋・卸仕入れで組織化し、月商8000万~1億を安定して達成出来るようになりました。

アマゾンのみの販売から始まり、ヤフーショッピングや楽天と販路を拡大し、それを仕組み化していくことで短期間で大きく稼ぐことが出来るようになりました。

 


実績は毎月ブログで公開しているので、よかったらみてみて下さいね✨
⇓⇓⇓
https://sedoricompany.com/category/jissenki/


 

そして今はせどりや物販を教えるコンサルティングもしています^^

僕自身せどりスタートで物販ビジネスを展開しているのでコンサル生の幅も広いです。

 


⭕初心者で月10~30万稼いでいる方

⭕ある程度せどりに慣れて、30~100万稼いでいる方

⭕独立して月商1000万以上の方


 

今まで200名以上の方をサポートしてきましたが、稼いでいる方に共通するのは【継続して行動している】ということです。

なのでこのマニュアルを見ている方はノウハウをインプットするだけでなくて、必ず行動して下さいね!

 

ここからが本文になります!👇

 

なぜ真贋調査が来るのか

Amazonから真贋調査のメールがくるアルゴリズムは大きく分けて3種類あります。

 

①抜き打ち真贋調査(ランダムチェック)

アカウントを新設したばかりの頃に対象になる可能性が高いです。

 

こちらは、ランダムに選ばれた3つのASINの正規品を証明するために、


・請求書

・領収書


の提示を求められます。

 

しかし、

この調査を一度クリアしてしまうと次回以降の調査対象にはなりにくいという話も聞きますので

プラスに考えればランダムチェックをクリアしさせすれば、

今後は安泰という考え方も出来ます!

 

このランダムチェックは実はかなり厄介で、放置してしまうと


・長期的なアカウントの停止

・売上金を下ろせなくなる

・FBA納品ができなくなる


等のリスクがありますので

 

即対処するようにしましょう💦

 

②顧客からのクレーム

こちらは購入者のクレームによって発生するものです。

・不良品
・商品ページの内容と異なる

などの理由で発生することが多いですが、こちらに関しては気を付けて納品していれば発生することはほとんどありません。

 

③メーカーからの調査リクエスト

出品している商品のメーカーが運営にクレームを入れることで発生するものです。

要は、

「許可なくうちの商品を販売するな!」

という事です。

 

メーカーの通報は商標権や著作権などの権利について通報してくるので厄介です。

 

誠意を持って対応すればそれほど咎めては来ることはないようですので、誠意のある対応をするようにしましょう。

 

メールのテンプレ集

店舗仕入れの場合


店舗仕入れのメールテンプレ


電脳仕入れの場合


電脳仕入れのメールテンプレ


問屋仕入れの場合


問屋仕入れのメールテンプレ


Amazon仕入れの場合


こちらはかなり裏技的なメールになりますので、知りたい方だけにご紹介しようかなと思います(笑)

受け取りたい方は、僕のこのマニュアルの企画ツイートを引用して、

感想の提出をお願いします!


共通して注意する点、対策

これまで様々な真贋調査の種類、仕入れ先別の対応メールについて紹介してきましたが、

それら全てにおいて共通して注意しておく点を紹介します。

 

領収書を必ず受け取る

レシートでも大丈夫ですか?という質問もよく聞かれますが、

Amazon側が提出を求めてくる書類には「領収書」と記載がありますので、確実性という観点からも必ず「領収書」を受け取ることにしましょう!

 

真贋調査が来そうな商品は仕入れを避ける

調査対象となりやすい商品はなるべく仕入れないようにしましょう。

 

真贋調査が来やすい商品の特徴は以下の通りです。



 

商品管理の徹底

梱包の仕方ひとつでもクレームの原因となり、真贋調査へとつながる可能性も上がります。

箱の傷や付属品等

気をつけるようにしましょう!

 

さいごに

今回の記事は以上になります!

改めて簡潔にまとめますと、

真贋調査の原因はとしては以下の3つがあります。

・ランダムピックアップ

・メーカーからのクレーム

・購入者からのクレーム


 

解決には、そのメールに記載されている通りの書類の提出が必要です。

感情的ではなく、論理的にAmazonの要求に応える対応をしていきましょう。

 

この記事を参考に事前にできる対策はしておいてくださいね!

ぜひ引用で感想の提出もお願いしますね!

 

 

  • 物販の事をもっと学びたいという方は

    下記の公式LINEを登録して、物販に関するノウハウを学んでください↓

    ✅ドンキせどり攻略コンテンツ
    ✅ドンキの商品を常時5%OFFで仕入れる方法
    ✅資産構築型リピート物販コンテンツ
    ✅月商1億の仕組みを構築した苦悩の裏側

    を無料プレゼント中なので、ぜひ受け取って下さいね!

    ↓↓↓

    トモユキLINE@

     

    ✅日当10万円の店舗仕入れ動画
    ✅コストコ仕入れマニュアル
    ✅ネット卸仕入れマニュアル

    仕入れ関係についての配信に興味がある方はこちらの公式LINEを登録してください!

    ↓↓↓

    ユキヒロLINE@